会社情報

社長挨拶

微生物を応用した「特徴あるバイオCDMO」を目指して

日本マイクロバイオファーマは、自然界にある“微生物”の力を応用して、世界の医薬品製造のニーズに応え、医療に貢献することを使命と考えています。

当社は、メルシャン(株)の医薬・化学品事業を承継して2011年7月に設立された会社であり、発酵法や微生物変換法による医薬品原薬や飼料・農業・食品用化学品の工業生産において豊富な実績があります。主としてアンスラサイクリン系抗がん剤の原薬を製造するとともに、それらの製造経験や当社ならではの微生物資源ライブラリーを活かして、さまざまな高活性物質やタンパク質の製造にまで拡充し、お客様より高い評価をいただいております。

また、中国広東省深圳市の関係会社である深圳万楽薬業有限公司では、抗がん剤製品の製造(製剤)と販売を伸び行く中国医薬品市場において行っています。

当社は、株主である三井物産(株)と東レ(株)からのグローバルスケールの支援を得ながら、自由闊達なカルチャーのもとで技術革新に挑戦し、高品質な医薬品の製造とその安定供給や生産性向上を果たすことで貢献し、成長してまいります。

日本マイクロバイオファーマ株式会社
代表取締役社長 梅田 明人